駐車場よりもアパートを建てるメリットとは?

街の発展で利用者激減?!そんなことのないように

空いている土地を駐車場に利用するのはコストも安くて人気がある運用法です。
しかし、デメリットもあります。
ひとつは、駅に近いなどの好立地であればいいのですが、そうではない場合は街が発展することにより利用者が減ってしまう可能性があるということです。最近は、郊外型の大型ショッピングモールなども増え、街の中心は必ずしも駅の近くになるとは限りません。
仮に駐車場の近くに無料で駐車できる商業施設が出来たとしたらどうでしょうか?当然、有料駐車場の利用者は減ってしまいます。
逆にその土地にアパートがあれば、駅から離れていても生活は便利になるので入居希望者が増える可能性があります。
このように先々を考えるとアパートのほうがメリットがあるのです。

相手は誰?身元のはっきりしている人に使ってもらおう

もうひとつの駐車場のデメリットは不特定多数の人が利用するという点です。
万が一、トラブルが起きた場合に対応が面倒です。事前に免責の表示をしたり、管理会社に任せるといってもトラブルは起きてしまうものです。そうしたときに、当事者が素直に事態の収拾に協力してくれるとは限りません。
その点、アパートなら入居者の身元ははっきりとわかっていますし、入居者もそのことをわかってますから、トラブルは避けようとしてくれます。もちろん、アパートでもトラブルが起きないとはいえませんが、そうした場合でも身元が分かっているだけスムーズな対処ができます。
こうした防犯や、トラブルが起きた際のことを考えても駐車場にするよりアパートのほうがメリットがあるんです。